--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-20

第52回 一中節都會

20100620212239_convert_20100620212730.jpg

19日土曜日の昼下がり、東京で開かれた、第52回一中節都會に行ってきました。

いつも、なかなか予定が合わず聞きに行けなかったのですが、やっと聞く事ができました!

一中節の作品の中で、現在市販されているCDで聞ける作品というのはとても少ないです。
今回は、初めて聞く作品も何曲かあって、とても楽しかったです。

ここ数年、私は一中節にインスパイアされて作曲して来ています。
今回も、おもしろい!と思う要素が沢山あって、ワクワクして聞きました。

もちろん、作曲のヒントとしてだけ聞いているわけではなく、一中節そのものを楽しみながらも聞きました。

曲と曲との間には、元東海テレビアナウンサー武藤祐子さんが曲の解説や一中節の解説などをおしゃべりしてくれたのも、曲の内容がよくわかって良かったです。

1時開演で終演は6時頃でした。
その間、休憩はないのですが、飽きる事無く全曲客席で聞いていました。

やっぱり、一中節っていいな~。


スポンサーサイト
2008-12-15

一中節

つい先日、十二世都一中先生のところに3ヶ月ぶりに三味線のお稽古に行ってきました。

と言っても、正式なお弟子というわけではなく、先生が開いておられる三味線講座です。
グループレッスンで、結構和気あいあいと進んで行きます。


12月4日に東京シンフォニエッタの定期演奏会で初演していただいた、入野賞受賞作のタイトルにある「小町少将道行」というのは、一中節の数ある作品の中の1曲です。
(私の作品のことはほんの少しだけここに説明してあります)


4日の演奏会、一中先生はお仕事のため聞いていただく事ができませんでした。
しかし先生には、一中節からインスピレーションを得て作った作品が賞をいただいたこと、またそのタイトルに一中節の作品の名前をそのまま使わせていただいた事などは事前にお話してありました。



先日のお稽古の時、一中先生が

「一中節からヒントを得て作品を書いて、タイトルにも曲名を使っていただいて、こうして沢山の人に一中節を知ってもらえると嬉しいです」

と言って下さいました



私も、沢山の人に一中節を知って欲しいなと思います。

この一つ前のエントリーの最後の方に書いた


「今に至るまで大きな影響を受ける事になる音楽家との出会い」

というのは、何を隠そう、この十二世都一中先生との出会いの事です。




ところで、一中先生の演奏が12月17日の水曜日にNHK-FMで放送されます!!


8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j
邦楽のひととき - 一中節 -

NHK-FM 12月17日(水)午前11:00~午前11:30

演目:
「道成寺」

演奏:
浄瑠璃/都 乙中
浄瑠璃/都 了中
三味線/都 一中
上調子/都 楽中
8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j8�������i��߁�߁jx2Beamed-02�FGrape�i�F�t-�Â��w�i�p�j



午前中の放送ですが、これを機会にぜひ聞いてみて下さい。



私が金沢に引っ越して、お稽古はかなり休みがちです
そんな私ですので、未だヘタクソのまま。
音程も悪ければ音も悪い・・・・。

でも、三味線を触るのは好きです。

これからも細々とでも通いたいと思っています。
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。