2017-10-08

これまでで一番長いお誕生日(2)

前回の続き。
9月頭に、学生3人とごはん会をやることになった。。。。。
というところでまでが前回。
では、続きです。

ーーーー
9月最初の某日。
私の家で、ただのご飯会だと思っていた。

メニューはもう決めてるというので、買い物もお料理も学生にまかせてた。
足らないものの買い出しを頼まれた。
遅れて来る学生の車で行ってきてくださいとのことで、わたしの車出すのにと思いつつも、別の学生の車で買出し。

そして、部屋に戻ると・・・・・・・
IMG_7076.jpg

自分の部屋が様変わりしていた。


同僚の久留先生と、前日イタリアから日本に到着したばかりの客員教授ルッピ先生まで巻き込んで!!

ファイル 2017-10-08 14 11 56


いや、驚きました。誕生日はもう先月に終わってるし、なんとなく、ご飯食べよーっていう感じのつもりだったので。

サプライズにするため、わたしを部屋からどうやって出すか作戦会議を開き(私は基本的に家にいるのが好きなのと面倒くさがりなので、私を家から出して一定時間外にいさせるのは結構難しい。かなり苦労したらしい)、飾り付けの準備に、メニューを考えて・・・・・。
そして、当日は、後から来て買い出しで私を連れ出した学生は少しでも部屋に戻るのを遅くするために時間稼ぎをあれこれ考え、部屋に残った学生は超特急でお部屋の飾り付けをして・・・・。


ロウソクが立ってるのは、バースデーケーキではなくて、これも学生手作りのキッシュ。
私が甘いもの苦手だからと、こういう風になったらしい。
パスタが魚介類のトマトクリームパスタ。
私がトマトクリーム大好きっていうのも覚えててくれたらしい。
書ききれないほど、何から何まで私の好きなもので埋め尽くされていた。
みんな、どうもありがとう。感激です。

今年の誕生日、最初はクラスの学生2人にサプライズでお花を貰ったのが7月末。今はもう9月。これまで生きてきて1番長い誕生日だな。。。。。
感激・・・・・と思っていたら。

色々仕事が忙しくてなかなか金沢に帰れず、ようやく帰れた9月末。
パートナーと外食に行こう!と言って、前々から行きたかったイタリアンレストランに。
席に着いたら、パートナーが
「そういえば、ずっと忙しくて、理香の誕生日のディナーに行ってないね。すごく遅くなったけど、今日は誕生日のお祝いディナーにしよう」と。
うわ。

というわけで、普段あまり飲まない私ですが、この日はワイン系のカクテルをいただいて、いい気分で過ごしました。
ファイル 2017-10-08 15 03 17

7月末から9月末までお誕生日。
これまで生きて来て一番長いお誕生日でした。
スポンサーサイト
2017-10-08

これまでで一番長いお誕生日(1)

後期が始まって2週間が経ちました。
嵐のように過ぎ去った前期に比べると、仕事も少し慣れたのもあり、相変わらず忙しいけれど少しは落ち着いてるかな・・・。

さて。
誕生日の話を。
といっても、私の誕生日は8月なので、随分と前です。

夏休み直前に、クラスの学生2人からサブライズでプレゼントをもらった話は以前書きました。
2017.7.30「騙された!&前期ももうすぐ終わり」

世界で一番早いお誕生日プレゼントをもらいました。

さて。
夏休みに入って、8月22日のお誕生日。
今年は、いつも行っていた秋吉台のお仕事がなかったので、ものすごく久し振りに和歌山の実家でのんびりしました。
誕生日も和歌山で。
自分の誕生日を両親と実家で過ごすなんて、何年ぶりかもうわからないくらい久し振りでした。

そして、和歌山でのんびりしていた8月21日の夜のこと。
なんとなく、知り合いとチャットしていたら、ドカドカっと着信が。
へ?と思ったら、21日の深夜0時、つまり8月22日になった瞬間、学生達から、お誕生日のメッセージが!!!
ひゃ〜〜〜!!!!
嬉しすぎて泣きそうです。

そのうちの1つは、毎年行っていた秋吉台から届きました。
しかも、動画メッセージで。
去年までに秋吉台で会った学生さん達が「おめでとうございまーす!」ってとてもにぎやかに言ってくれてる動画を撮影してくれて、それを0時ジャストに送って来てくれた!

嬉しすぎて幸せな思いで就寝しました。

そして、朝、また着信が入ったら、私のクラスの子から「お誕生日おめでとうございます!」というメッセージが。
うわー嬉しいなあって、その時はそのまま返事して終わったんですが。
あとで、もう一度見返して、気付いた。
このメッセージ「8時22分」に送られて来てる!
「さっきのメッセージの送信時間、決めてた?」って聞いたら「気付いていただけて嬉しいです」との返事。
うわー。そこまでしてくれる。。。。嬉しすぎ。

と、誕生日当日も沢山の人からメッセージをいただいて本当に幸せな思いをしました。

さて。
その後、金沢の自宅に戻ったり名古屋に行ったり台湾に行ったり。

まだ夏休みとは言えそろそろ後期に向けて色々と準備も始まる頃、前々からごはん会をうちでやろうと話していた学生3人と9月あたまの某日、決行することにしました。

続く。
2017-02-01

サプライズ

先日無事に終了した個展の後も仕事があったので、名古屋に滞在していました。

そして今週、久々に金沢に帰宅したら、大学の後輩でクラリネット奏者の米澤陽子さんから封筒が届いていました。
中を開けてみてびっくり!

少し前に、彼女がいろんな畳縁をつかって、マウスピース入れを作ったってってSNSに書いてとてもかわいらしい写真をアップしていたので、「いいなー」とコメントしました。

今回彼女から届いていたのは、私がいいなー!って言った柄の畳縁を使って作ってくれた名刺入れ!!!!
16387434_1439994299344209_4547484869186815003_n.jpg


感激。
ありがとーー!

それにしても、畳縁にこんなに種類があるなんて、全然知りませんでした。
ぜひ「畳縁」でググって画像見てみてください。
2017-01-04

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。
昨年は、たくさんの方々に支えられ、充実した年になりました。
なお一層飛躍の年となるよう、今年もパワー全開で頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
1月27日に開催する個展「ポートレイト・コンサート:成本理香 III」も、いよいよ日にちが迫ってきました。
たくさんの方に聴いていただけると嬉しいです!
(カードの写真は、ここ何年も私を見守ってきてくれた大黒さんたちです。)
2016-06-14

さよなら、アニキ。

作曲家の真島俊夫さんが亡くなられたのは、4月でした。
私は、ニューヨークに滞在中で、思いもしなかった訃報が飛び込んで来て、しばし茫然としたのを覚えています。

葬儀等はご家族で行われたとの事で、先日は真島俊夫さんを偲ぶ会が行われ、私も行ってきました。

いつも私を誰かに紹介する時には「敏さんの愛弟子で、僕の妹弟子」と言ってくれたアニキ、もういないんだな。
(敏さん=兼田敏先生のことです)
真島さんには結婚パーティ、還暦パーティと呼んでいただいて、その次は偲ぶ会って、早過ぎる。

兼田先生は66歳で亡くなられて、真島さんは67歳で亡くなられた。
二人はもうあの世で会ったかな。
偲ぶ会では、沢山の懐かしい方々にもお会いできた。
あんなに人が集まるのも、アニキの人徳。

こんなに早くお別れが来るなんて寂しく、悲しいです。

会場には、真島さんの写真がパネルで何枚も飾られてました。
中には、兼田先生とのショットも(右下)。
13419177_1220565327953775_2165592941722398234_n.jpg

真島さん、還暦のときのエントリー。
↓↓
アニキ還暦(2009年11月22日)
2016-05-05

こまつの杜に行って来た

いつも、特急サンダーバードや特急しらさぎ車中から見ていた小松駅前のこまつの杜に設置されている930E。

(2014年の記事「小松駅前にて」)
http://ricanr.blog61.fc2.com/blog-entry-399.html

ついに、こまつの杜に行ってきました!!

世界最大級のダンプトラックKOMATSU930E試乗目当てでしたが、残念ながら強風のため試乗はできず、ベッセルの上昇も無しでちょっと残念でした。
また、乗りに行こう。
13177756_1195578033785838_4700461615249714581_n.jpg


ファイル 2016-05-04 22 42 40
このタイヤ、1本が外径約3.8メートル、幅約1.3メートル、重さ約4.8トン、溝の深さは11センチ。写真左下で触っているのは4542リットルの燃料タンク。この930Eは実際にチリの鉱山で使っていたのを小松に輸送して組み立てたもの。実際に走っているのを動画で見たけど、930Eの後を通った普通車はまるでチョロQに見えたデカさ。
写真右上は小松創業者の竹内明太郎。

ファイル 2016-05-05 0 23 09
古い建機も展示されてます。
右下の赤いのについてる小松のマーク、懐かしいです。

ファイル 2016-05-05 0 25 57

ファイル 2016-05-05 0 26 13

2016-02-02

台湾からの贈り物

台湾から国際郵便。
fc2blog_20160202185602f89.jpg


封を切ると出て来たのは・・・・
fc2blog_20160202185629557.jpg



ノート?



手紙も入っている。
差出人は、アメリカ在住の台湾出身の作曲家、Chen-Hui Jen。
彼女とは、私がACCグランティとして2011年にアメリカに住んでいた時知り合った。
UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)教授である作曲家、チナリー・ウンに会うため、ニューヨークからサンディエゴに行った時のこと。
空港から大学までどうやって行けば良いのか、チナリーとメールをやりとりしているとき、「僕の生徒に迎えに行かせるから、安心して」と返事をくれた。
その時、空港まで迎えに来てくれたのが当時博士課程の学生だったChen-Huiと同じくチナリーの生徒でChen-HuiのパートナーであるJacobの二人だった。
二人は、私を一旦ホテルまで連れて行ってくれて、1人でチェックインするのを不安がる私の為に、一緒にフロントまで来てくれてチェックインを手伝ってくれた(この頃はアメリカ生活まだ2ヶ月というころで、いまひとつ英語に自信がなかった)。
その後、UCSDにも連れて行ってくれ、私がサンディエゴに滞在している間、色々と二人で助けてくれた。

そんなChen-Huiはアメリカに住んでいるのだが、だんなさんのJacobとともに昨年から1年間だけ台湾にいる。

私が日本に帰国してからは、Facebookでお互いの近況を知ることになる。
ある日、彼女が日本のサイトで、気に入ったものを見つけたけど、アメリカからは注文できなさそうだという記事をアップした。
だから、私が代わりに購入して送ろうか?と言ったんだけど、アメリカまでの送料も結構高くて、断念。

昨年、たまたま同じものを日本の雑貨屋さんで見つけ、そういえば、Chen-Huiは今台湾にいるんだったなと思ったので、初めて会ったときもとても良くしてくれたし、お礼も込めて送ろうって思い立って、台湾にいるChen-Huiにプレゼントした。

すごく気に入ってくれたようで、私も良かったーと思っていたら、今回は、彼女からギフトが。

手紙には、私からのプレゼントをとても気に入ったことと、近い将来、Chen-HuiとパートナーのJacobと私の3人で会おうね!と書かれていた。
そして、台湾の楽譜屋さんでつくられたメモのノートをプレゼントするね!と書かれていた。
しかも、このノートはChen-Huiがデザインしたものだって!!

ノートの中をあけると・・・・。

fc2blog_20160202185652210.jpg

Chen-Huiは、私の作曲のメモの仕方や五線の好み等は、知らないのだけど、このノート、五線の幅が私の好みストライク。そして、色々なアイデアやメモは方眼のノートに書くことが多い。

開くとこんな感じ。
fc2blog_20160202185707870.jpg

早速使おう!!

日本に帰って来てからも、アメリカで知り合った友人たちとこうやってずっとやりとりできるのって、本当に嬉しい。

Chen-Hui達がアメリカに帰る前、台湾にいる間に会えたら良いんだけどなあ。
でもまたアメリカででも会えるかな。

当時のブログには、彼女の名前は出て来ないんだけど、ここに一緒に写ってる写真がありました。
再掲。
前列一番右の女性が、Chen-Hui。
一番後ろの列の細くて背の高い男性がJacob。(チナリーとスーザンの間から顔を出してる男性)
ちなみに、前から2列目一番左に写ってるのが私。
248427_10150197162882968_783307967_7141236_7780298_n.jpg
(2011年6月 Recital Hall at CSUSB)
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)