==================================================
オフィシャルサイトはこちら→Composer : Rica Narimoto's Official Site
Official Site is here!→Composer : Rica Narimoto's Official Site
==================================================

*コンサート等のお知らせです*
*Information of my concert*
---------------------------------------------------------------------------------
●2018年2月 アメリカ、サンディエゴ
カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)にて作品が演奏される予定です。
---------------------------------------------------------------------------------
◎「バッハ:パルティータ第4番BWV828(成本理香編曲によるサックス四重奏)、アカデミア・ミュージックより出版されました
http://www.academia-music.com/shopdetail/000000177356/
==================================================
各コンサートの詳細は決まり次第本文にてお知らせさせていただきます。
これ以降のコンサートやその他のお知らせはオフィシャルサイトをご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓
Composer : Rica Narimoto's Official Site


2018-05-21

Midwest Clinic:最終日

途中まででそのままになっていたMidwest Clinicの最終日のことを、あれからもう5ヶ月経ってますが、書いておきたいと思います。

2017年12月の後半にアメリカはシカゴで行われるMidwest Clinicに参加、その最終日、ファイナルコンサートに広島ウインド・オーケストラが登場。プログラムは、以下の通り。

David Maslanka: Mother Earth
Karl King / Andrew Glover: Invictus
Bin Kaneda: Suite for Symphonic Band
Ryan George: The Wild Goose
Julie Giroux: One Life Beautiful
Robert Jager: Symphony No.1 for Band

恩師、兼田敏の《組曲》が演奏されました。
Midwestの話題、最終日を残したところで更新が止まってしまったのには、もちろん、忙しかったのもあるのですが、何度下書きをしても、ウーン。。。。。と思ってしまい、なかなか書き進まないのです。日が経てば変わるかなと思いましたが、やっぱり、今もなんだかうまく書き進められません。

派手さのない、シンプルな音楽が、あんな風にアメリカの聴衆に受け入れられたことが、とても嬉しく、また、数年前に広島ウインド・オーケストラで兼田敏のバラード全曲を聴いた時と同じように、「ああ、先生がいつもレッスンで言っていたのは、これだったんだなあ」と思う場面もあり。

兼田敏の《組曲》は、オリジナルとしては彼の最後の作品です(このあと編曲作品はあります)。
先生の最後の作品が、他でもないミッドウェストで演奏されたことも、とても嬉しく思いました。

他にも色々と思いは溢れていたのですが、それについては、もう、自分の心にしまっておこうと思います。

25年ぶりに参加したミッドウェストは、生涯忘れ得ないものとなりました。

コンサートの後は、広島ウインドの皆さんの打ち上げに誘っていただいたので、門下生とともに参加させていただきました。
私たちは、その日の夕方の便で、ニューヨークに移動だったので、途中で失礼して、大急ぎでオヘア国際空港に向かい、ニューヨークへと移動しました。

今、これを書いていても、ミッドウェストの最終日を思い出すと幸せな気持ちになります。

亡くなってから何年経っても、自分の思いを伝えられる作曲家って、本当にいい仕事だなと思います。

クリニック会場にて↓
201712-Chicago_5523.jpg
スポンサーサイト
2018-05-21

新学期です

前回は、卒業式が終わりました、ニューヨークに来ました。

ここで、更新が止まってしまいました。。。。。
ひとまずは、最新の話題です。

さて、新年度が始まっています。
愛知県立芸大での教員生活が2年目に突入しました。

今年も新入生がやってきましたよ。
学部生3人が成本クラスに入って来ました。

さて、また、今年も1年間頑張りましょう。
(新歓コンパの写真です。今回は残念ながら全員揃わず)
S__76431367.jpg
2018-03-30

ニューヨーク

卒業式が終わり、ニューヨークに来ました!

ブログは、12月のアメリカの話も途中まで。2月のアメリカの話も途中まで。
なのに、再びニューヨークに来ちゃいました。

一体、どれが、どのアメリカ滞在の話がよくわからないことになってます(笑)
それでも、自分の記録のために、少しは書いていこうかと。

今回は滞在が短いので、到着直後からめいっぱい動き回ってます。

毎日よく歩いています。

2日間の間にニューヨークで会った人たち。

ACCつながりで、ネットではやりとりがあったのですが、ニューヨークでようやく初めてお会いできました。
三味線奏者の本條秀慈郎さんです。
偶然同じ時にニューヨークにいることがわかり(SNSのおかげで)、SNSで連絡を取り合ってお茶しました。
新しい音楽の話とか、三味線音楽、三味線の話、一中節の話とか、ものすごく楽しかったです。一緒におもしろいことできそうで楽しみです。
IMG_1244のコピー
(後ろに写り込んだ方がお食事中でしたので、一応星印で隠しました 笑)

こちらは、安定のもりしょう君&かつらちゃんと。
2人とも大学の後輩なんですが、ニューヨークに来てもりしょう君と会わなかったことは一度もないはず(日本で遠くに住んでる友達よりもよく会ってる 笑)。
ランチに肉をがっつり食べて、そのあとすごく綺麗になったコロンブスサークルの地下でお茶。いつもありがとー。
S__74678359.jpg
2018-03-24

卒業式

(アメリカの話題中断)

昨日愛知県立芸術大学卒業式と謝恩会が終わり、ようやく着任1年目のすべての行事が終わりました。
この1年は自分の人生の中で一番長い一年だった気がします
夏に出演した大学のチャリティーコンサートとか、なんか、もう何年か前のような気が(笑)

私のクラスから2人が修了&卒業。
前任者の寺井先生から引き継いだクラスなのでこの2人とは1年だけのつきあいでしたが、とても頼りになる2人だったので、色々と私が助けてもらうことも多かったです。
コッシー&フジタ、ありがとう。
修了生、卒業生のみなさん、修了、卒業おめでとうございます。

卒業式後、音楽学部全体の集合写真。前列が教員なんですが、ここまで小さくしても一瞬で私がわかってしまうという(笑)
IMG_2168.jpg

上の2枚がうちのクラスの修了生と卒業生。
真ん中右は、クラスの追いコン。門下生全員が揃いました。
一番下は、門下のオカダくん。
優秀学生賞を受賞しました。卒業式後に授賞式でした。
IMG_2195.jpg

2018-02-25

Balboa Park

空き時間を利用して、 UCSDのアレク・カリス教授がBalboa Parkに連れて行ってくれました。
動物園、博物館、美術館、植物園などがここにあります。

IMG_1073_s.jpg

いろんな種類のサボテンがいっぱいありました。
IMG_0993_s.jpg
南の方にいるんだなあという感じがします。

園内には、大好きなニキ・ド・サンファルの作品があったので、記念撮影。
IMG_1100_s.jpg

暑すぎることなく、歩くはちょうど良い気温でした。
2018-02-24

UC San Diego Music hosts guests from Aichi University of the Arts終了しました。

アメリカでまめに更新しようと思っていたのですが、少し体調を崩していたので、結局、またまた、すでに帰国してます。
でも、ブログは続き書いちゃいます。
--
2月13日
カリフォルニア大学サンディエゴ校でのコンサートとプレゼンテーション、無事に終わりました。
私の作品は博士課程の学生Michael Matsunoさんの演奏により、Six studies for alto fluteがアメリカ初演されました。
ものすごく上手くて、びっくりした。
結構難しい曲ですが凄く楽しんで演奏してくれていて嬉しかったです。
プレゼンテーションは、音楽学、作曲の同僚の先輩教授お二人のあと私が最後という順で行いました。
プレゼンテーションの後、質疑応答の時間にしたら、会場から結構質問が来て、それは、関心を持ってもらえたということでもあり、とても嬉しかった。
私のプレゼンテーションは、時間を気にしてやや早口になったかなと反省してたら、イベントが終わってから何人もの学生さんが、「よくわかった、面白かった」と言いに来てくれたり、更に質問して来てくれたりして、良いイベントになったなーと幸せな気持ちになりました。

プレゼンテーション中の写真、スクリーンが飛んじゃってますが、グラフとか図とか写ってます。
入国直後に腰を痛めていたので、コルセット着用し、また、プレゼンテーションは座って話しました。
27867125_1833703839973251_31191327085170756_n.jpg
2018-02-14

ゲネプロ

ゲネプロが始まりました。
私の曲を演奏してくれるのはドクターの学生で、Michael Matsunoさん。
とても素晴らしいです。本番が楽しみです!
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)