==================================================
オフィシャルサイトはこちら→Composer : Rica Narimoto's Official Site
Official Site is here!→Composer : Rica Narimoto's Official Site
==================================================

*コンサート等のお知らせです*
*Information of my concert*
---------------------------------------------------------------------------------
●2017年12月16日(土)和歌山市:和歌山県立図書館 2階メディア・アート・ホール 18時から
平成28年度文化表彰受賞記念事業の一環として『ポートレイト・コンサート:成本理香 vol.4 -和歌山にて-』を開催します。詳しくは。こちら
---------------------------------------------------------------------------------
◎故郷和歌山にて平28年度和歌山県文化表彰文化奨励賞を受賞いたしました。
◎愛知県にて平成27年度愛知県芸術文化選奨文化新人賞を受賞いたしました。
◎故郷和歌山にて財団法人大桑教育文化振興財団平成27年度大桑文化奨励賞を受賞いたしました。
==================================================
各コンサートの詳細は決まり次第本文にてお知らせさせていただきます。
これ以降のコンサートやその他のお知らせはオフィシャルサイトをご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓
Composer : Rica Narimoto's Official Site


2017-11-14

クラスコンサートを行いました

11月13日に、初めてのクラスコンサート「RICAMON vol.1 〜成本理香門下作品演奏会〜」を大学内にて行いました。
私にとっては、初めてのクラスコンサート。
とは言え、上級生は去年までに体験しているし、私もこれまでに、いくつかのクラスのコンサートを聴きに行ったりはしていたので、まあ、何とかなるでしょう〜と思いつつも、実は、コンサート当日が近づくに連れて、「うまくいくのかな
」「やり残したことはないかな・・・・」と心配になってきたりしました。
コンサート前半はアコースティック(楽器)、後半はエレクトロニクスという構成でしたが、途中の休憩でさっとエレクトロニクスの準備できるだろうかとか、もう、次から次へと心配がおしよせてました。

さて、当日ふたをあけてみると、ほぼ満席で、沢山の方に聴いていただけました。
私のクラスは、今年度一番人数の少ないクラスなのですが、残念なことに1人が急病で出演できなくなったので、さらに少ない人数の学生で、ステマネ、舞台係、照明その他、すべてをやりました。

また、学内でコンサートをやるからには、今のうちに、チラシ、プログラム、プログラムノート、コンサートの進行からお辞儀(!)まで。コンサートにまつわる作曲以外のことも学んで欲しいという私の方針で、準備段階からかなり口うるさくあれこれ指導しました。
鬱陶しかったかなとも思いますが、それでも学生達、よく頑張ってくれました。

開演前にみんなで。
(終演後は片付けでバタバタするので撮っておいた)
S__69280012.jpg

教員である私の曲は別に演奏しなくてもいいかなと思っていたのですが、希望者がいたため、私のトイピアノ4台のための作品を、学生3人と私の4人で演奏しました。
自分の作曲の生徒が、自分の作品を演奏する、しかも、そこで自分も一緒に演奏するというのは、生まれて初めての経験で、とても楽しかったです。
(ゲネプロ中)
ファイル 2017-11-14 20 52 42 のコピー 2


以下に、プログラムの私のご挨拶分を転載します。
まあこれも、今年度限りで、来年度からはもう学生だけにしようかなと思っています。

ところで、「RICAMON」は私のクラスのコンサートのタイトルです。
「成本理香門下」の、下線太字の部分をとって「RICAMON」です。


プログラムの表紙です↓
その下に、ごあいさつを転載してあります。
RICAMON Vol1表紙 のコピー


ごあいさつ
 本日はお忙しい中、RICAMON vol.1~成本理香門下作品演奏会~にお越しいただきありがとうございます。成本門下は本年4月にスタートしたばかりの新しいクラスです。学生たちの関心はあっちへこっちへと、みな違った方を向いています。本日演奏される作品は、アコースティックのためのものからエレクトロニクスまで、ついでに教員の作品はトイピアノ。てんでバラバラ。でも、だからこそ、私は毎日のレッスンがとても楽しいです。皆様にも本日の演奏会をお楽しみいただければ嬉しく思います。
成本理香

コンサート最後
23518969_10214728030819650_8079661519727603523_n.jpg

今回、ご来場下さった皆様、応援して下さった皆様、そして協力してくれた演奏家の学生さん達、ありがとうございました。
また、来年も開催出来たらなと思います。


ーー準備の様子などーー
プログラム折ってます。
ファイル 2017-11-14 20 40 54

終演後の片付け中。
ファイル 2017-11-14 20 42 08

前半の後、第二部のエレクトロニクス準備中
23519192_10214728027419565_3644537123587367525_n.jpg


スポンサーサイト
2017-11-12

出版されました!

11月11日、雲井雅人サックス四重奏団第15回定期演奏会。
この日は、雲井先生の還暦の記念コンサートでもありました。
そして、その会場では、私がこのカルテットのために編曲したバッハのパルティータ第4番 BWV828の楽譜、先行発売されました!

この作品、2000年に雲井雅人サックス四重奏団第一回演奏会にて初演、その後雲井雅人サックス四重奏団(以下雲カル)の1枚目のCDに収録されました。
そのあと、これまでに数多くの楽譜の問い合わせをいただきました。外国からの問い合わせもありました。
当初「すいません、出版してません。予定もありません」とお答えしていたのですが、あまりに問い合わせが多いので、ある時からは、雲カルが管理していました。
そして、ついに、アカデミアから出版されることになり、この日の雲カルのコンサートで先行発売となりました。

初演から実に17年。途切れずに問い合わせが続き、ついに出版に至ったこと、とても嬉しいです。
そして、会場での先行発売は、完売してしまいました。
ありがたいことです。
これを機に、沢山のカルテットがこの作品を演奏してくれたら嬉しいです。
23435131_1736257636384539_9162005723373830744_n.jpg


今回は先行発売でしたので、正式な発売日はアカデミアにお問い合わせくださいませ。また、私の方でもアナウンスさせていただきます。

アカデミアミュージックhttp://www.academia-music.com/

雲井先生と記念撮影。
23472435_1736288329714803_1554045638904563621_n.jpg

2017-11-05

こちらも後任に!

4月に着任した愛知県立芸術大学での仕事は、寺井尚行先生の定年退職の後任でした。

そして、こちらも、寺井先生の後任になりました。

何かって?


愛知県立芸術大学音楽学部同窓会副会長

です。

いきなり副会長とか。
つとまるのか、自分......

同窓会総会にて。
新旧副会長そろって記念撮影です。

ファイル 2017-11-04 23 41 06
2017-10-08

これまでで一番長いお誕生日(2)

前回の続き。
9月頭に、学生3人とごはん会をやることになった。。。。。
というところでまでが前回。
では、続きです。

ーーーー
9月最初の某日。
私の家で、ただのご飯会だと思っていた。

メニューはもう決めてるというので、買い物もお料理も学生にまかせてた。
足らないものの買い出しを頼まれた。
遅れて来る学生の車で行ってきてくださいとのことで、わたしの車出すのにと思いつつも、別の学生の車で買出し。

そして、部屋に戻ると・・・・・・・
IMG_7076.jpg

自分の部屋が様変わりしていた。


同僚の久留先生と、前日イタリアから日本に到着したばかりの客員教授ルッピ先生まで巻き込んで!!

ファイル 2017-10-08 14 11 56


いや、驚きました。誕生日はもう先月に終わってるし、なんとなく、ご飯食べよーっていう感じのつもりだったので。

サプライズにするため、わたしを部屋からどうやって出すか作戦会議を開き(私は基本的に家にいるのが好きなのと面倒くさがりなので、私を家から出して一定時間外にいさせるのは結構難しい。かなり苦労したらしい)、飾り付けの準備に、メニューを考えて・・・・・。
そして、当日は、後から来て買い出しで私を連れ出した学生は少しでも部屋に戻るのを遅くするために時間稼ぎをあれこれ考え、部屋に残った学生は超特急でお部屋の飾り付けをして・・・・。


ロウソクが立ってるのは、バースデーケーキではなくて、これも学生手作りのキッシュ。
私が甘いもの苦手だからと、こういう風になったらしい。
パスタが魚介類のトマトクリームパスタ。
私がトマトクリーム大好きっていうのも覚えててくれたらしい。
書ききれないほど、何から何まで私の好きなもので埋め尽くされていた。
みんな、どうもありがとう。感激です。

今年の誕生日、最初はクラスの学生2人にサプライズでお花を貰ったのが7月末。今はもう9月。これまで生きてきて1番長い誕生日だな。。。。。
感激・・・・・と思っていたら。

色々仕事が忙しくてなかなか金沢に帰れず、ようやく帰れた9月末。
パートナーと外食に行こう!と言って、前々から行きたかったイタリアンレストランに。
席に着いたら、パートナーが
「そういえば、ずっと忙しくて、理香の誕生日のディナーに行ってないね。すごく遅くなったけど、今日は誕生日のお祝いディナーにしよう」と。
うわ。

というわけで、普段あまり飲まない私ですが、この日はワイン系のカクテルをいただいて、いい気分で過ごしました。
ファイル 2017-10-08 15 03 17

7月末から9月末までお誕生日。
これまで生きて来て一番長いお誕生日でした。
2017-10-08

これまでで一番長いお誕生日(1)

後期が始まって2週間が経ちました。
嵐のように過ぎ去った前期に比べると、仕事も少し慣れたのもあり、相変わらず忙しいけれど少しは落ち着いてるかな・・・。

さて。
誕生日の話を。
といっても、私の誕生日は8月なので、随分と前です。

夏休み直前に、クラスの学生2人からサブライズでプレゼントをもらった話は以前書きました。
2017.7.30「騙された!&前期ももうすぐ終わり」

世界で一番早いお誕生日プレゼントをもらいました。

さて。
夏休みに入って、8月22日のお誕生日。
今年は、いつも行っていた秋吉台のお仕事がなかったので、ものすごく久し振りに和歌山の実家でのんびりしました。
誕生日も和歌山で。
自分の誕生日を両親と実家で過ごすなんて、何年ぶりかもうわからないくらい久し振りでした。

そして、和歌山でのんびりしていた8月21日の夜のこと。
なんとなく、知り合いとチャットしていたら、ドカドカっと着信が。
へ?と思ったら、21日の深夜0時、つまり8月22日になった瞬間、学生達から、お誕生日のメッセージが!!!
ひゃ〜〜〜!!!!
嬉しすぎて泣きそうです。

そのうちの1つは、毎年行っていた秋吉台から届きました。
しかも、動画メッセージで。
去年までに秋吉台で会った学生さん達が「おめでとうございまーす!」ってとてもにぎやかに言ってくれてる動画を撮影してくれて、それを0時ジャストに送って来てくれた!

嬉しすぎて幸せな思いで就寝しました。

そして、朝、また着信が入ったら、私のクラスの子から「お誕生日おめでとうございます!」というメッセージが。
うわー嬉しいなあって、その時はそのまま返事して終わったんですが。
あとで、もう一度見返して、気付いた。
このメッセージ「8時22分」に送られて来てる!
「さっきのメッセージの送信時間、決めてた?」って聞いたら「気付いていただけて嬉しいです」との返事。
うわー。そこまでしてくれる。。。。嬉しすぎ。

と、誕生日当日も沢山の人からメッセージをいただいて本当に幸せな思いをしました。

さて。
その後、金沢の自宅に戻ったり名古屋に行ったり台湾に行ったり。

まだ夏休みとは言えそろそろ後期に向けて色々と準備も始まる頃、前々からごはん会をうちでやろうと話していた学生3人と9月あたまの某日、決行することにしました。

続く。
2017-09-18

客員教授をお迎えしました

またまたご無沙汰してしまいました。

さてさて、この度愛知県立芸術大学音楽学部作曲コースではイタリアのボローニャから作曲家のジャン・パオロ・ルッピ(Gian Paolo LUPPI)先生を客員教授として招聘し、本学に9月から3ヶ月間滞在していただくことになりました。
先日、歓迎会を行いました。

21730806_10214244403049258_7294834258639631741_n.jpg
ルッピ先生を含む、作曲コースの教員全員です。

 そして、来月には、ルッピ先生ウェルカムコンサートを行います!
 このコンサートでは、日本の優秀な若手演奏家たちの演奏により彼のその気さくなお人柄も含めて小編成の室内楽作品をご紹介いたします。
 ルッピ先生の音楽的バックボーンは宗教によるところが大きく教会の典礼音楽なども作曲され教区学校(Scuole Diocesane)で教鞭も執られています。またプロフィールにもあるように、作曲のみならず合唱やオーケストラ、吹奏楽の指揮や伴奏ピアニストとしても活動され、また世界各地の音楽院や講習会などから招聘され多忙を極めています。
 宗教に基盤を置きマルチな活動を繰り広げる彼の音楽にひと時耳を傾けていただければと思います。

「作曲家ジャン・パオロ・ルッピ ウェルカムコンサート」
2017年10月17日 18:30 開演
愛知県立芸術大学室内楽ホール

<プログラム>
MISSA -per chitarra-
SPIN -per Sax-alto-
5 PEZZI IN FORMA DI POLLO


<演奏者>
百留敬雄(ヴァイオリン)
大坪純平(ギター)
加藤和也(アルト・サクソフォン)
山地梨保(ハープ)


入場無料
※整理券はございません。直接会場へお越しください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
2017-08-08

チャリティーコンサート 写真が届きました

8月4日の愛知県立芸術大学チャリティーコンサート、大学の職員さんが撮影してくれていた本番の写真が届きました。

素敵に撮ってくれていて嬉しいです!

IMG_0671_s.jpg

IMG_0664_s.jpg

IMG_0690_s.jpg
プロフィール

りか♪

Author:りか♪
和歌山県生まれ。
愛知県立芸術大学作曲専攻を首席で卒業、同大学院修士課程、博士後期課程修了。博士(音楽)。
学部卒業に際し桑原賞(県知事賞)受賞。
現音作曲新人賞などのコンクールに入選する。2008年第29回入野賞受賞。2015年Iron Composer Conpetition(アメリカ)第3位。
現代音楽演奏グループ「アンサンブルトゥデイ」のメンバーとしてその解散まで積極的な作曲活動を展開する。また「ing Project」代表として、レクチャーやコンサートの企画を行った。2010年度Asian Cultural CouncilのGranteeに選出され、2011年アメリカ、ニューヨークにて研究調査を行う。
作品は、ALM RECORDSCAFUA RECORDSよりCDがリリース、ティーダ出版やイタリアのARS PUBLICA社より楽譜が出版されている。
愛知県立芸術大学准教授、金城学院大学(名古屋)、金沢大学講師。名古屋市立大学芸術工学部研究員。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログよりはマメに呟いています。
(スクロールできます)